« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

138

幸福な光景のただなかでは、しばしば気が遠くなる。
光景が、切り離されて遠ざかる、島、さびしさ、よるべなさ。

孤独ではない。不幸ではない。
負の感情にはかならず手ごたえがある。
しかし幸福な光景のただなかでは、しばしば……

はかない幸福とたしかな不幸、それらははじきあうものではなく、河口の真水と潮水のようにいくたびも入れかわる。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »