« 245 | トップページ | 247 »

246

フィクションの中で登場人物が死んでも死んでも生き返ることはご都合主義とも言えるが、もともとは悪夢、狂気に抵触する展開だったと思う(スタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』やアンナ・カヴァン『氷』を見よ)。
生まれるまでは死んでいたものを。

« 245 | トップページ | 247 »