« インコグニタ | トップページ | 十月はたそがれの国 »

TAMALA2010

以前、「○○星人」(例「おっぱい星人」)というのにどんなのがあるかという問いをもらったことがあり、そのときの答。

Q18「○○星人」の回答

ものすごく遅い答えですが、もし今でも間に合うならたまたま思い出したのでお伝えします
去年の第43回群像新人賞の評論部門の候補作に対する笙野頼子さんのコメントの中に
「漱石論はたりうる星人の御作であるが」
という一節があってわらたわらた
つまりその漱石に関する論文にはおそらく頻繁に「……は、はたして……たりうるか」とか「……が……してこそ……たりうるのである」
という古風な言い回しが出てくるのでしょう
これ、60年代から70年代の評論には特によく出てきますね
別にそれ使うのがいけないって言ってんじゃ全然ないんだけど少なくとも私は、これ読んで以来、「……たりうる」は二度と使えなくなりました
うーん「たりうる星人」……笙野頼子おそるべし

|

« インコグニタ | トップページ | 十月はたそがれの国 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TAMALA2010:

« インコグニタ | トップページ | 十月はたそがれの国 »