« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

稲生モノノケ大全

本日は自分のことでなく、友人のおめでたいこと

昨年、毎日新聞社から『稲生モノノケ大全 陰之巻』という本が出たのは
幻想文学に興味ある方ならご存知でしょう。
「稲生物怪録」の原典とそれをもとにして書かれたお化け屋敷物語の一大集成ですね。
そしてこれには続く「陽之巻」が予定されていて、現代の幻想文学作家に「稲生物怪録」からインスパイアされた作品を書いてもらい、公募によって選ばれた作品とともに収録するという名企画。
その公募部門の結果が発表されました。

以下、東雅夫氏による「幻妖ブックブログ」より

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

モノノケ文学賞、決定!
 このほど、小生と毎日新聞社図書編集部による共同選考の結果、『稲生モノノケ大全 陽之巻』の一般公募作品として下記の五作品が入選、掲載されるはこびとなりました。

 【最優秀賞】
  石神茉莉「音迷宮」
 【優秀賞】(五〇音順)
  阪後 昇「七月の客人」
  戸隠珠子「妖鼓変」
  松本楽志「生者・死者・物怪」
 【特別賞】
  行政豊彦「三次もののけ殺人事件」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

おめでとうございます。
中で、石神さん、松本さんとはちょと親しくしていただいているので
とりわけ嬉しい。

この競作集、私にはとても感慨深いです。

どうしてかと言えば
1985年、澁澤龍彦・中井英夫選による「第一回幻想文学新人賞」の入選作が
収録された『幻視の文学1985』がこれと同じ形式で、
プロの作家の方々が書き下ろし幻想小説を競作、
それとともに受賞作・入選作を収録するという形式をとっていたため。
当時の記録はまたいずれ。

今回、私も一応プロとして掲載されることになっているので(秋里光彦名義
 ……あ やっぱり自分のこと書いてる)
なんか歴史は巡るって感じ?

| | トラックバック (0)

ルパンの恋

詩集『うさと私』という本

以前にも書きましたが、
これは1996年、谷川俊太郎さんの推薦文とともに新風舎から刊行され、すぐに売り切れました。
現在も欲しいという方がいらっしゃるのですが、採算等の理由で同社からの重版はできないままです。
またその後に書かれた、刊行部分の倍ほどの続編があり、これらを考え合わせるといつの日か増補版として別の形で、別の出版社から再出版するほうが意味があると考えています。
ただ、読みたい方にまるでゆきわたらないのも残念なのでこのほど出版された分だけは私家版を作成しました。

今年2004年11月14日、秋葉原の東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎
(JR・東京メトロ秋葉原駅から徒歩2分・都営新宿線岩本町駅から徒歩3分)
で開催される文学フリーマーケットに出品されます。
2階奥の端、B-44番の「榎本司郎事務所『コミックfantasy』」のブースに置いていただく予定です。

ここには佐藤弓生の選歌集『真珠区異聞』、
それと『うさと私』続編を連載している同人誌「別腹」も出品されます。
「別腹」執筆予定者は私の他に
穂村弘(歌人)、東直子(歌人)、長嶋有(=ブルボン小林、作家)、
ほしおさなえ(作家・詩人)、ひろたえみ(書家・俳優)、
田中庸介(詩人)、佐藤りえ(歌人)、増田静(歌人)、三上零(占い師)
神谷きよみ(ミュージシャン)、佐藤弓生(歌人)、など。

この「文学フリマ」についてはその成立の段階からさまざまな意見があるようですが、私はその中枢には全く接触していません。
ただ機会があったので使わせていただくだけです。
「玄人」意識の強い作家の方からは否定的に見える点もあるかもしれませんが、私自身はこの催しを歓迎しています。
実際にプロ作家の出品も増えているようで、さらに角川書店・徳間書店・幻冬舎なども参加されていますね。

| | トラックバック (0)

人形たちの夜

本日決定のこと
2005年1月29日、池袋ジュンク堂カフェで
東雅夫氏と「ゴシック・トーク」。

時間は18:00からの予定です。
これは確か、飲み物込みで1000円っていうのでは
なかったかな。
一応要予約だそうですが、受付はまだです。

ここ、ごらんいただいている方ってどのくらい
いらっしゃるのかわかりませんが、ともかく予告です。

もっと詳しい内容が決まったらまた。

| | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »