« 歓待の掟 | トップページ | ゲイ・サイエンス »

てみやげ

今年やった主なこと

■2■怪談関係

・怪談専門誌『幽』に「記憶/異変」連載開始

   佐藤弓生の「短歌百物語」とともに連載・現在2号が発売中
   連載第2回の末尾のところに「境界」として赤の怪の話を書いたら
   その次のページの「山の霊異記」で安曇潤平氏が
   「赤いヤッケの男」という話から始めておられたのがイイ感じ

・『幽』創刊記念イベント「怪談之怪」に佐藤弓生と出演・6/26南青山梅窓寺

   江戸時代の怪談実話集からいくつか現代語にして紹介した
   佐藤は辻征夫の詩から怪談味のあるものを朗読した
   他の出演者は木原浩勝・中山市朗・京極夏彦・東雅夫・唐澤俊一・
   山田誠二・南條竹則・化野燐・加門七海・MOTOKO・福澤徹三・平山夢明
   の各氏
   後で京極夏彦氏の発案により各出演者の語った内容を別の出演者が
   各自のやり方で書くことになり、私は山田誠二さんの語った話を
   「つむじ屋敷」として『幽』2号に載せた
   私の語ったものはもともと別人の著作ゆえ、その中の
   「猫蜜柑」の話を自分で語り直して記す
   なお、「猫蜜柑」の記述の中で「とある賢人」とあるのは京極氏をさす

・『稲生モノノケ大全 陽の巻』掲載用の短篇小説を秋里光彦名義で提出了

   これは来年春頃毎日新聞社から刊行予定

■3■その他

・「群像」誌4月号にコラム「桜の下に埋めたい記憶」として「思惑」掲載

・「文學界」誌12月号に橋本治についての「書くことの始まりに向けて」掲載

・ちくま文庫「稲垣足穂コレクション」第2巻解説「未来基準」を提出

   来年2月頃刊行予定

・第43回日本SF大会「G-con」でのパネルディスカッション
 「文学とコスプレカルチャーの間2」に参加

   8月21日(土)~22日(日) 岐阜県 岐阜市 長良川国際会議場
   他の参加者は牧野修・夏一葉・小谷真理・尾山ノルマの各氏   

・『うさと私』を小部数の私家版として制作

   刊行後品切れのままだったもの
   佐藤弓生の小歌集『真珠区異聞』、関係している同人誌「別腹」とともに
   文学フリーマーケットで販売・11/14秋葉原中小企業振興公社
   このときは「コミックFantasy」版元、榎本司郎事務所の
   榎本さんのご好意でブースの一部をお借りした

|

« 歓待の掟 | トップページ | ゲイ・サイエンス »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てみやげ:

« 歓待の掟 | トップページ | ゲイ・サイエンス »