« ゲイ・サイエンス | トップページ | 蜘蛛男 »

スワンレイク

またも未来記憶

明日1/19の読売新聞夕刊に「評判記」載る予定

「評判記」というのは書評とは別に、新刊書の中から好きなものを2冊か3冊紹介するコラム
今年からやります
6人が交代で書くので6週間に一度ずつ担当回が巡ってくる
今月からメンバーを一新したとのことで新メンバー第一回の執筆は星野智幸さんでした

今回、私は

片山廣子=松村みね子「燈火節」
中相作・本多正一監修・浜田雄介編「子不語の夢――江戸川乱歩小酒井不木往復書簡集」
久世光彦「曠吉の恋――昭和人情馬鹿物語」

900字程度なので、三冊もあげると簡単な紹介で終ってしまう
とりわけ片山/松村のように著者紹介の必要な場合は一言コメントしかできない

以後は原則として2冊にしようかと思う

|

« ゲイ・サイエンス | トップページ | 蜘蛛男 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スワンレイク:

» 二月の美しい女ブリード [magnoria]
  昨日からスノードロップ(待雪草)と聖母お潔めの日のことを考えていたが、ふと片山廣子の随筆の題名の『燈火節』とはこの聖母お潔めの日であることに気がついた。この『燈火節』は、私の尊敬する熊井明子さんが特別に大切にされている本だということで長年憧れていた本だったのだが、月曜社から復刊されてずいぶん前に購入したのだけれど、パラパラと目を通しただけで本棚にずっと眠ったままだった。私はやっとこの本に出逢うことができたのだと心をときめかせながら、本棚からこの厚い本を取り出してきた。この本の題名にも...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 8日 (金) 22時52分

« ゲイ・サイエンス | トップページ | 蜘蛛男 »