« ガーランズ | トップページ | NANA »

頭蓋骨の中の青い花

既に書店にある「ユリイカ」5月号、特集「人形愛あるいはI,DOLL」に
「起源の幻影」という文を掲載。

内容は『無垢の力』の大略と『ゴシックハート』の「人形」の章とを
改めて俯瞰したもので、
半分ほどは既に書いたことをやや別の角度で記しています。
あとの半分は新たな内容で、『無垢の力』に収録できなかったようなこと、
それと最近のフィギュアとの関係なども少し。

それでも既に書いたことの繰り返しにならざるをえないところがあり、
ただの繰り返しは嫌なので、
今回は著しく書法を変えて、小説ほかのフィクションを一人称で書くときに用いる口調のひとつでやってみました。
そのさい、
前二著で心がけた「前提を何も知らない人にもわかるように」という態度もそろそろ退屈になっているので、
わからない人は著書を読んでいただくこととして、
いわば、「ついてきてくださる方限定」で書いています。
不遜と言われるならそれでもよいが、しかし、大抵の「作家」の態度って
質はそれぞれ異なるにせよ、こんなのじゃないですか。
むろん、故意に難解に書いているわけではなく、
実際に難しいわけでもありません。
というより私にはこの書き方が一番やりやすいのであります。実は。
なので、
今回は一般への解説的なものを期待されないようお願いいたします。

思えば、早稲田大学で教えるという経験がなければ、
『ゴシックハート』全編もこんな口調でやってたかもしれませんね。
ただ、そうすると重版にはならなかったとも思う。

|

« ガーランズ | トップページ | NANA »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭蓋骨の中の青い花:

« ガーランズ | トップページ | NANA »