« モンタギューとキャピレット | トップページ | トムキャット »

トーキング・アバウト

最近の執筆メモ02

まだでてないもの

01 現代女性作家読本シリーズ『多和田葉子』(鼎書房)
「三人関係」について掲載予定。

これは現代の女性作家についての研究書。『小川洋子』『川上弘美』が既刊。『笙野頼子』『松浦理英子』『山田詠美』などがこの先のラインナップにある。大学では需要があるのだろうがあまり書店でみかけたことはない。でもいい企画です。
「三人関係」は「三角関係」とは違う、というところから始まるのだが、じゃあ何? という話。澁澤の「思考の紋章学」、それと兼好の「徒然草」なんてのも参照して、でもやはり軽く読めるもの。

02 フリーペーパー版「早稲田文学」に連載の「リテラリー・ゴシック」03

今回はシルヴィア・プラスの詩を中心に、アン・ラドクリフ~エミリ・ブロンテ~シルヴィア・プラス~マリリン・マンソンといった形で続くゴスと少女的抵抗意識について。
なお次回04は「お化けたちとの楽しい暮らし」

03 「ナイトメア叢書」(青弓社刊)の第二巻『近代幻想文学の再構築』(仮題)に10枚ほどのコラム。

ここでも三島由紀夫とその仲間たち(こっちはゲイ専門ではない)が担っていた様式美優先的ロマン主義、三島の死後、「ロマンティシズム」には否定的となった純文学、それを継承している幻想文学(の一部の書き手)、といったことをこれまたエッセイとして。

04 東雅夫編『猫路地――猫ファンタジー競作集』(日本出版社)
猫に関するファンタジー競作集。4月刊の予定。
収録予定作家作品は以下。

加門七海「猫火花」
長島槙子「猫ノ湯」
谷山浩子「猫眼鏡」
秋里光彦「猫書店」
寮美千子「花喰い猫」
倉阪鬼一郎「猫坂」
佐藤弓生「猫寺物語」
片桐京介「妙猫」
井辻朱美「魔女猫」
菊地秀行「猫のサーカス」
片岡まみこ「失猫症候群」
霜島ケイ「猫波」
吉田知子「猫闇」
天沼春樹「猫女房」
化野燐「猫魂」
梶尾真治「猫視」
森真沙子「四方猫」
別役実「とりかわりねこ」
皆川博子「蜜猫」
花輪莞爾「猫鏡」

こちらは秋里光彦名義。佐藤弓生もいます。
今回の作は私としてはおそらく初めての明るいファンタジー。
高橋葉介氏の短編みたいな感じを狙いました。

|

« モンタギューとキャピレット | トップページ | トムキャット »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーキング・アバウト:

« モンタギューとキャピレット | トップページ | トムキャット »