« トムキャット | トップページ | ミートパイ »

トライ・ミー

3/8の読売新聞夕刊「本よみうり堂 トレンド館」に、
石田汗太記者による「ゴシックの美学 いまなぜ復活 不安社会で『生』の欲求」という記事が掲載された。

この件で先日取材に応じた。
記事には私の言葉として以下の部分もあり、

「個人的には、30年代の江戸川乱歩の猟奇趣味、エログロナンセンスあたりが日本的ゴシックの源流と思っていますが、80年代にアングラ的に洗練されていた耽美と退廃のゴシック趣味が、90年代以後は『おたく文化』と重なりながらすそ野が広がったのが特徴だと思います」

うまくまとめてもらっています。

|

« トムキャット | トップページ | ミートパイ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライ・ミー:

« トムキャット | トップページ | ミートパイ »