« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

詩歌集「二輪行」

来月、ある場でほんの僅か、再び披露してみるのこと。が、不定。

| | トラックバック (0)

誤字各種

高原英里  これが一番多い。

高橋英理  最近見た。なおこの名の人は何人かおられる。

高橋英里  混合形。もはや別人か。

『叙情的恐怖群』  「抒情的」が変換候補の最初に出ないためかと思われる。

『ゴシック・ハート』  誤字ではないがナカグロは不要。→『ゴシックハート』

『ゴシック・スピリット』  同じく。→『ゴシックスピリット』

『ゴシックスハート』   この「ス」は何だろう。

『ゴシックスピリッツ』  「ビッグコミックスピリッツ」の影響か。燃える名前ですね。

『ゴシックス・ピリット』  なんか笑った。「ピリット」て何?

      まだあるかも知れないが本日はこのへんで。

| | トラックバック (0)

たまに思い出したようにゴス

ゴスを好む方々は、来年初めから春くらい、なんかやりましょう。

あと、さっき以下にあった部分は、思えば最近某所に書いたことなので削除。

| | トラックバック (0)

だってなんだか

だってだってなんだもん

↑意思決定するときの理由。それで得することはないだろうが、自己決定のストレスに耐え切れない人はいつもこれ。

| | トラックバック (0)

背中が煤けてるぜ、などと申しますが

自分の後姿、特に後ろ頭など、真正面に見てみたい方はけっこういるのではないか。一度なんとか、器械なしで、とか。無理。

| | トラックバック (0)

10/26、映画ですが

百日紅での10/26(土)18:00~

の件で、先日、たとえばこんな映画、とここに例示してみた映画を、ひとつも観ていなかった、と言う知人と出会った。ヨーロッパ系の映画ばかり観ているからだと言う。そうだなあ、自分、ハリウッド系ばっかり観てるなあ、と反省した。
が、その人は、では、というわけで「パシフィック・リム」だけはこの間、観て来たと言う。
だがそれほどは面白くなかったとのことである(確かにヨーロッパ系好きな人には……)。
それで、10/26に百日紅に来て、私がどうしてあんなのが好きなのか聞きたいと言う。
はい、それではそのときお話します、と答えた。
その人とは10/17、ラドゥ・ルプーのピアノリサイタルで隣の席だったのだが、全くの偶然である。
ただ、そのあたりは、クラシックの、しかもピアノリサイタルの場合、少し慣れた人からすると、価格のわりには音の届きやすいいい席、と思う場所だった。その人もよくコンサートには行く。
ルプーのピアノはとてもよかったのでともに幸福であった。

| | トラックバック (0)

さていかがなものでしょうか

「寛容ならざるやからは斬り殺す」

え?

| | トラックバック (0)

道端で聞いた

「ねこ道は寝ることと見つけたり」

| | トラックバック (0)

村上芳正展で

先月まで弥生美術館で行なわれていた村上芳正展は大変すぐれたもので、関係者の方々のご苦労とご努力がしのばれるものであった。

私は諸々の都合で8/24にようやく行くことができた。

展示の素晴らしさは敢えて言うまでもない。記念的な展覧会であった。これを機会に村上氏の画業が一層世に知られることを願う。

ところで、会場に、来場者が感想など書けるようノートが置いてあって、そこには多く若い人たちの素直な感想が書かれていてほほえましかったのだが、ひとつこんな記述を見つけた(無記名)。

   恥美的でとても感動しました。

これ↑にふきだしをつけて、他の誰かが「耽」 と直し、「おしい!!」と記していた。

この訂正の仕方には思いやりがあったように思う。

(~街の博物誌2013)

| | トラックバック (0)

全米が

「全米が泣いた」という煽り文句は映画の予告等でよく見かけるものだが。

今年8/29、渋谷のタワーレコードのクラシックコーナーで見たこと。

ハワード・ハンソンというアメリカの作曲家がいる。バーバーに並ぶ保守的でロマンティックな作風とされる。
このハンソンの作曲によるオルガン協奏曲のCD→が店頭で紹介されていた。
そのキャッチ・コピーが↓

     全米が泣きそうです。

         「泣きそう」って……

(街の博物誌2013)

| | トラックバック (0)

朗報

「『パシフィック・リム』異例のロングラン!相次ぐリバイバル」
          ↓
         ■■■

上、再上映館の情報あり。

まだ見てない人は是非。

| | トラックバック (0)

10月26日(土曜日)18:00~カフェ百日紅で映画の話など

久しぶりにお知らせします。

10/26(土)18:00から
カフェ百日紅
ここ二年間くらいに公開された主な映画についてお話などしたいものと思います。
ご興味のある方はどうぞ。
予約不要・参加費不要・ワンドリンクオーダー料金のみお願いします。

人によって見た映画は異なりますが、およそ以下にあげるもののいくつかを主にしたいと考えています。 

内、二部作・三部作・続編等の作品は前作を含むこととしました。
次がそれ。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」[前編] 始まりの物語 [後編] 永遠の物語
「ベルセルク 黄金時代編Ⅰ 覇王の卵」「同Ⅱ ドルドレイ攻略」「同Ⅲ 降臨」
「シャーロックホームズ」「シャーロックホームズ シャドウゲーム」
「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」
「ALWAYS 三丁目の夕日」「同 続・三丁目の夕日」「同 三丁目の夕日 '64」
「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」
「ヱヴァンゲリオン新劇場版 序」「同 破」「同 Q」
「スタートレック」(2009年版)「スタートレック イントゥダークネス」 

シリーズ以外で、2012年に公開された主な作品から。

「ハッブル」「はやぶさ 遥かなる帰還」「ドラゴン・タトゥーの女」「ニーチェの馬」
「ロボジー」「ヒューゴの不思議な発明」「僕達急行 A列車で行こう」「マンク 破戒僧」
「テルマエ・ロマエ」「ダークシャドウ」「ヘルタースケルター」「るろうに剣心」
「アナザー」「プロメテウス」「アイアン・スカイ」「アルゴ」「カラスの親指」

2013年、現在まで 

「ホビット 思いがけない冒険」 「千年の愉楽」「攻殻機動隊 ARISE」
「イノセント・ガーデン」 「クロユリ団地」「ワールドウォーZ」「ローンレンジャー」
「パシフィック・リム」「風立ちぬ」「エリジウム」 「許されざる者」

どなたもどれかひとつくらいは語れるのではないかということで広い範囲としてみました。 私としては「パシフィック・リム」「スタートレック イントゥダークネス」「風立ちぬ」あたりが特に気になるわけですが。

| | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »